« サンタ現る! | トップページ | まずはこれから »

2008年12月 1日 (月)

数字のナゾ?

あ~、もう12月ですよ~xmas
やらなきゃいけないことがいっぱいあります。
またもや現実逃避になりそうな今日この頃。
手芸ばかりやってます・・・オイオイsweat01

突然ですが、次の文字にふりがな振ってください。

1・2・3・4・5・6・7・8・9・10

ただの数字ですが・・・

ちなみに私は
「いち・に・さん・し・ご・ろく・しち・はち・きゅう・じゅう」
と読みます。

他にもこんな読み方もありますよね。
4→よん 7→なな 9→

それがどうしたのかって?

いえね、マイケルが公文でもらった教室だよりにこんなことが書いてあったんです。
先生のコメントなんですが、幼児さんや低学年のお子さんをお持ちの方へ・・ということで

「数字の数え方は、いち・に・さん・し・ご・ろく・しち・はち・く・じゅう と言って覚える方が良いような気がします。」
「九九を覚えるときに、よん・なな・きゅう で覚えた子は、4×7、7×9などが苦手です

と書いてありました。

ふーん、なるほどね。
そこまで考えたことなかったです。
数え方なんて無意識だもん。
子どもは親が言うとおりに真似して覚えると思うし。親の言い方しだいですよね。

これはあくまでもこの先生のお考えなので、どの子もそうなのではありません。
これを読んで、マイケルはどうだったかと振り返ってみたら、面白いこと思い出したんです。

マイケルはたぶん私と同じ数え方してたように思いますが、
まだずいぶん小さかった頃、ある質問をしたんです。
その頃、10までの数は数えられるようになってました。

「ねえ、物を数える時、ひとつ、ふたつ、みっつ、って言うでしょ?」

「うん」

「じゃあさ、みっつの次からはなんていうか知ってる?」

マイケル、得意げな顔して、知ってるよとばかりにup

「よんつ、ごつ、ろくつ、しちつ、はちつ、きゅうつ、じゅっつ!」

・・・コイツ、いいセンスしてるじゃん、って思いましたgawk

そんな マイケルももう中学生school
数学に関しては誰にも負けないくらい得意ですgood

もうひとつオマケに

これも読んで見て→「10・9・8・7・6・5・4・3・2・1」

あら不思議sign01 から読んだときと違ってませんか?
私は「じゅう・きゅう・はち・なな・ろく・ご・よん・さん・に・いち」です。
これを「じゅう・きゅう・はち・しち・ろく・ご・し・さん・に・いち」とは読めません。

なんででしょう

|
|

« サンタ現る! | トップページ | まずはこれから »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ほんとだ~!言われてみれば不思議!
今まで気づかなかった!

身近にたくさんある不思議を不思議だと
気づく事って案外難しかったりしますよね!
もっと身近な幸せに気づくべきなのに
欲がでちゃったりで、なかなか満足できないとかね┐(´-`)┌

12月って毎年一年で一番短い月のように感じてしまう!
なんやかんや、てんこ盛りの月だから。
それとも年のせい?sweat01
私もアラフォー卒業!(大汗)きゃ~~~ぁ~~!!

サンタさんのブローチ可愛い!


投稿: チョコ | 2008年12月 3日 (水) 14:23

noteチョコさんへ
でしょ?
数字って奥が深いと思いませんか?

身近な幸せ・・・
足元の幸せに気が付くべきなんですよね。
上ばかり見るときりがないから。
そう言いつつ、高望みしてしまいます。

流行語大賞のアラフォー、私はまだまだアラフォー世代だと思ってますが、実際には何歳まで??45過ぎたらNG?!
どぁ~bomb

友人がブローチ担当でなかったら通り過ぎてたコーナーでした。
楽しかったわ!
こういうのが小さな幸せかもねheart04

投稿: スヌーピー | 2008年12月 4日 (木) 16:47

数字の読み、おもしろいですね~。
1から読むのと10から読むのでさえ、自由に使いわけができるのですから、「九九」を意識して数字の読み方を特定する必要はない!と思っちゃいました。
公文の先生、ごめんなさい。脳は人が考えているよりも柔軟みたいです。

投稿: ウッドストック | 2008年12月 5日 (金) 10:42

noteウッドストックさんへ
こういう読み方って日本語だけなんでしょうか?
私、こういうふうに日本語を追及するの好きなんです~。

数字の読み方も個性ですから、好きなようにしていいですよね。
ただ、九九の苦手な子がそういう理由もあるのだと初めて知って驚きました。

投稿: スヌーピー | 2008年12月 5日 (金) 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンタ現る! | トップページ | まずはこれから »