« 左手、その後 | トップページ | 悲願の »

2009年6月12日 (金)

久しぶりのロケ

今日は目の保養をさせてもらいましたeye

うちの裏でロケをしてるという情報をキャッチmovie

すぐに見に走りましたdash

なんでこんなとこでロケするの?というような場所です。
ただ歩くだけのシーン、

それにしても他にも場所があるだろうに・・・

たかが5歩ほど歩きながら二言三言しゃべるシーンをえんえんと撮ってました。

で、肝心の俳優さんはだあれ?

・・・知らない人だったんです。
いや、”私が”知らないだけで、きっと有名人だったんだと思うんです。

疎いですから・・・

芸能人に詳しい友人を携帯で呼び出し、いっしょに見物してもらいました。
さすが、彼女は知ってました。
「○○と☆☆だと思う」

スタッフに話しかけてみたら正解でしたgood

いや~、
高校生役の男の子は、背が高くて、目がキリッとしてて、かっこよかったわ~lovely

女の子のほうもロングヘアで可愛いribbon

しばらく見てましたが、歩くシーンしか撮りませんでした。
場所を移動し始めたので、私たちも見物終了。

帰ってからすぐにネットで二人のこと調べました。
ふーん、へ~、そうなんだ~、と知らないことだらけ。
テレビで見たことあるんだろうけど、名前までは知らなかったのよね。

今日のロケはフジテレビの連ドラです。
8月から放送開始です。
人気コミックが原作です。

気になる人は調べてみてください。
私が見た俳優と女優は誰でしょう?

キーワードは

「オトメン」

|
|

« 左手、その後 | トップページ | 悲願の »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

よくロケをしている場所とか、
芸能人がよく行く●●ってありますよね。
横浜の方だと結構ロケ地はあるようですが、
残念ながら…我が家の近くはのどかな畑ばかりの
風景なのでそういうものはありません(;^ω^A
おしゃれな光景とはかけ離れちゃってます(;´▽`A``

私も最近の若い俳優さんは良く知らないので、
「オトメン」のキーワードで検索しちゃいました(*^ω^*)ノ彡

投稿: アイアイ | 2009年6月12日 (金) 22:06

noteアイアイさんへ

うちの近所は日テレやTBSのロケが多いんです。
郊外でのんびりしてるから、撮影しやすいのでしょう。

オトメン、いかがでした?
名前わかりましたか?


投稿: スヌーピー | 2009年6月13日 (土) 11:27

おひさです〜

そちらではよくロケがありますね〜
オトメン(゚ω゚?) 乙女な男の子かしら
最近は若くて可愛い俳優さんが多いみたいだけど付いていけません…

オカメちゃんお迎えされたんですね!可愛い〜
また差餌したい!!
え?あすかちゃんとペア予定?

左手大丈夫ですか? 以前から腱鞘炎だったかな 骨折なんて更に痛そう〜(>_<。)

投稿: ルカ | 2009年6月15日 (月) 20:34

noteルカさんへ

わ~久し振り~。
忘れられたかと思いましたよ。

ドラマのロケのメッカといってもいいほどひんぱんにあります。
でも、最近の俳優さんを知らない私にはまったくわかりません。
ルカさんのほうがきっとご存じだと思いますよ。

まりんちゃん、もしかした男の子疑惑・・・
ま、どっちでもいいんだけど・・・
まりんはあすかにまったく興味ないみたいです。

ルカさんは骨折したことありますか?
痛さよりも、生活が不自由になったことが辛かったです・・・

投稿: スヌーピー | 2009年6月17日 (水) 11:45

はじめまして!突然すみません

私は「オトメン」を楽しみにしているものです
なぜなら キャストの1人 瀬戸康史君が大好きだからです

たぶん スヌーピーさんが見た男の子は岡田将生君
女の子は夏帆さんです

スヌーピーさんはどこにお住まいなんでしょう
羨ましいです
私も「オトメン」のロケ見てみたいです~(^0^)y

投稿: REI | 2009年7月 8日 (水) 00:48

noteREIさんへ

REIさん、ようこそ!コメントありがとうございます。

REIさんはきっとお若いかたなのでしょうね?
私は今人気の俳優さんとかぜんぜん疎いもので・・・

このロケで見たのはREIさんのおっしゃるとおり!
そのお二人でした。

私の住む町は、横浜市青葉区です。
ドラマロケが多い街として知られています。
私の住むマンションも何度か使われました。

ミーハーなのでロケがあるとすぐ見物に走ってますdash

また「オトメン」のロケやってたら見に行こうかなあ。

投稿: スヌーピー | 2009年7月 8日 (水) 09:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 左手、その後 | トップページ | 悲願の »