生き物

2007年7月27日 (金)

とんぼを追いかけて

近所にあるビオトープに行ってきました。
これは、息子の小学校の6年生(息子のクラス)が総合学習で勉強しているものです。

水質調査や生態系を調べたり、実際に生き物を捕獲して育てています。

夏休み中は主に清掃をするということで、今日がその日でした。

集合時間は夕方でしたが、昼間あまりにも暑かったのでアイスキャンデーの差し入れを持っていってやりました。
来ていたのはクラスの半分ほどでしたが、掃除してんだか遊んでんだか・・・

暑いからねー、ここがもっときれいな水辺だったら素足で中に入ると気持ちいいんだろうけど、
絶対にいやだ!というくらい汚いので。。。

それでもちゃんと生き物はいました。といってもトンボですが。
3_6 4_4
5_5

久しぶりに見た「ガマの穂
2_9
名前がわからないけど群生してました。ピンクの可愛いお花。
1_14

とんぼはいっぱい飛んでましたが、じっとしてないので撮るのはむずかしかったです。
虫捕り網振り回してとんぼを追いかけた子供時代が懐かしいです。

明日は町内の夏祭り。盆踊りに夜店、息子は友達と行くんだとはりきっています。
私も自治会でパトロールのお手伝いです。
皆さんの地域の盆踊りは何音頭ですか?
ここらでは、おなじみ炭坑節・東京音頭・青葉音頭 (青葉区民しか知らないかもしれないけど、あの鳥羽一郎が唄ってます)など。
どれ踊っても結局炭坑節の振りになっちゃいます。複雑で覚えられないよ~。

| | コメント (10)
|

2007年7月 8日 (日)

蓼科・清里に行ってきました。①

それは7月7日の早朝。
ゴミを出しに行った帰り、道路の上に小さなものが・・・

シジュウカラの子ども!

すぐそばに巣箱があるので、巣立ったはいいけど迷子になったらしい。
このままじゃカラスか野良猫の朝ごはんになっちゃう!
即行保護して連れ帰った。
野鳥に詳しい近所の人に電話したら親が迎えに来るはずだから木の枝に止まらせるといいとのこと。
でもめったにないチャンスだからさっそく撮影会開始。
私と息子と父とでカメラパチパチ。
2_4
まんまるおめめが可愛い。くちびるもあるヒナヒナ。
人間見るの初めてだろうね。
手に乗っけてもじっとしてた。コワかったか?
Photo_264
10分ほどたってから、親元に帰すため木の植え込みに連れて行った。
チッチッと鳴く子ども。すぐそばに親鳥らしきのがミミズをくわえて来ていた。
お互い鳴き交わしていたが私はここでタイムリミット。
そう、これからドライブなのだ。
一緒に見守っていた先ほど電話した方にあとは任せてきた。
あとで聞いたら親子で無事に飛んでいったそうだ。
外敵に狙われて命を落とすヒナも多いという。
この子が無事に成長することを願わずにいられない。

本題はココから!

蓼科&清里方面に日帰りドライブしてきました。
清里はペンションブームが全盛期だった頃から何度も訪れています。その頃からニ十数年来のお付き合いになるペンションのオーナー(今はもう引退されてますが)と久しぶりの再会を約束していたのです。
蓼科はマリーローランサン美術館を見に行くのが目的です。

肝心のお天気はくもり。太陽は期待しませんでした。
中央道はスイスイと順調でしたが神奈川県を出ないうちに雨が・・・かなりの降り!

が、あるトンネル抜けたら一滴も降ってない。いいぞ~。あの雨雲はどこへ??

双葉S・Aで休憩。ここにはハーブ園があります。追記:最初、談合坂と書きましたが双葉でした。訂正します。
ラベンダーがいっぱい咲いていました。こんなとこで見られるとは思わなかったので感激!
Photo_266
あたり一面いい香りでした。ミツバチもせっせと蜜を吸ってました。

諏訪インターを降り、一路ビーナスラインをひた走ります。
まだシーズンには早いのかガラガラにすいてました。
天気の方も青空が時折見えるようになり車窓もバッチリ!

こんないいロケーションを知らないでいたのが我が息子。
高速乗ってる間中寝て、まだ起きない。
美術館に着いてやっと起きてきました。

最初は「べつに興味ない。」とか乗り気でなかった息子もなぜか見る気になったらしく「マリーローランサン美術館」へ。
マリーローランサンの画風は好き嫌いあるかもしれないけど私は昔から好きです。家にも絵があります(複製です、もちろん)。
淡い色使いと優しいタッチが油絵とは思えません。
息子は「どこがいいのかわかんない」と首をかしげていました。あんたにはわかんないだろーね!
それでも、もうすぐ誕生日の私がプレゼントリクエストしたら、売店で買ってくれました。
これは後日載せますね。

美術館をあとにして、今度はすぐそばにある「蓼科高原 バラクラ イングリッシュガーデン」へ。ここは日本初の本格的英国式庭園だそうです。
そんなにむちゃくちゃ広くはないけど、バラを始めいろんな花が咲き乱れ、本当にイギリスの家のお庭にいるようでした。

「バラクラ イングリッシュガーデン」の様子と清里はまた明日。お楽しみに!

| | コメント (14)
|

2007年7月 4日 (水)

雨の日には

涼しい~。雨だけど涼しいとうれしい~。

こんな日は”誰かさん”が期待してお待ちかね。

すずめ軍団!

雨の日限定でベランダに「Cafe・Sparrow」がオープンします。
メニューはパンのみですが、オープンと同時に大盛況です。

本日も朝からお客さんが続々とやってきました。
1羽ずつ増えていく様子です。父撮影
1_2 2_1 3_1
4_1 5_1 6_1 9羽も!

親子連れも来ました。左がお母さん。
2_2 Photo_258 おねだりしてますね。

Photo_259 ひとりで食べられるでしょ?

Photo_260
ベランダの手すりで雨宿りのすずめ。
あんまりキレイじゃないなあ・・・お風呂に入れてあげたい。

すずめは人間と共存する鳥です。
だから、山奥の人の住んでない所には生息しません。
これから秋に向けて稲を喰い荒らすので農家にとっては天敵でしょうが、
すずめってやっぱり一番身近な野鳥。
Cafeのオーナーとしてはもう少し馴れてくれてもいいと思うんだけど、
気配を感じたらすぐ逃げちゃう。写真撮るのも一苦労。
もしもし、お客さん。お代がまだですよ!

| | コメント (18)
|